初心者のためのF1レースの基礎|究極のスピードレース!F1を一度は観戦してみましょう
ロゴ

F1.com

F1に興味がある人へ。F1の基本的な知識

F1を観戦したい

日本においてF1の観戦をしたい場合は、鈴鹿サーキットで見ることになります。三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットは日本唯一のF1サーキット場であり、日本グランプリはここで開催されるからです。

F1を観戦する時に気をつけたい4つの事柄

開催日時のチェック

まず当然のことして、開催されている日時を調べなければなりません。これは、インターネットで調べればすぐに判明します。海外でも同様に、ネットで調べればすぐに判明します。

チケットの購入

開催日時がわかったのであれば、次はチケットを購入しなければなりません。チケットには観戦チケットと指定席チケットがあり、観戦チケットがあればレース観戦はできます。なお、チケットは一回の購入でレースの日程分を購入することになるので3日間見る時は3日分のチケットを購入することになります。

自由席と指定席

観戦チケットでは自由席となり、指定席とは違い割安な分席は早いもの勝ちとなります。しかし、自由席は指定席と違ってレース場が見えにくく設備が不十分なため不便なことが多いため、心の底から楽しみたい場合は指定席チケットを購入しましょう。

雨具の準備

サーキット場によっては、雨具の準備が必須な場合もあります。レースの殆どは屋根が一部の場所しかついていないこともあり、びしょ濡れになってしまう場合もあるからです。サーキット場でも雨具は売っていますが割高なので念のために持参しておいたほうが良いでしょう。

初心者のためのF1レースの基礎

コース

日帰りか宿泊か

海外で観戦する場合は宿泊になりますが、日本でF1を見る場合は日帰りもしくは宿泊のどちらかで見ることになります。フルで楽しみたいのであれば宿泊を、1試合だけみたいのであれば日帰りを選ぶことになります。旅行会社のサービスでは日帰りのツアーもあり、安価でレースを楽しむことができます。

フリー走行を楽しむ

グランプリ前には、各チームが予行演習として、自由にレース場を走っていることもあります。このフリー走行もいわゆるF1の一部であり、迫力を楽しむことができます。なお、このフリー走行は基本的に全席自由席となっていることが多いです。

豆知識:NASCAR

F1と同じくらい人気なのが、NASCARです。こちらはフォーミュラカーではなく、従来のレーシングカーで行なわれるグランプリであり、アメリカで強い人気を誇っています。F1に比べるとこちらはスピードやテクニックよりも耐久力が重視されるレーシングであり、例えるならF1は短距離走で、NASCARはマラソンといったところです。

豆知識:鈴鹿10耐久

NASCARに近いレースとして、日本では「鈴鹿10時間耐久レース」があります。これはその名前のとおり10時間にも及ぶ耐久レースであり、非常に過酷なレースとなっています。なお、二輪車版の耐久レースもあり、こちらは8時間となっています。

広告募集中